66モデルのデニムリペア #2

2018.06.20 Wednesday

0

    前述の66モデルのリペア、完了しました。

    私なりの最善の方法でさせていただきました。

    けっこうなダメージの右足フロントに関しては、デニム自体の生地がかなり薄くなっていることもあって、これを糸で埋めていくとしたらかなりごわごわになって着用感や今後出てくるであろうダメージの不安もあり、考えた結果、普段はあまりやらないデニムを当てるという方法を取らせていただきました。

    そのデニムに関しては、ライトオンスであるのはもちろん、1960s頃のヴィンテージデニムを使用してます。

    それでも完全に色を合わせるというのはほんと難しくて、やっぱり微妙に合わないのはこればっかりはしょうがない、とさせてください。

     

    それでも依頼者であるお客さまには満足していただけたようなので良しとしよう。

     

    お尻の破れは糸で埋めていきました。

     

    デニムリペアはこのように糸で埋めていくのが一般的なやり方ですが、ダメージ状況や依頼者のご希望などにより臨機応変に対応しております。

    ぜひご相談ください。

     

    地震

    2018.06.18 Monday

    0

      けっこうな揺れでした。

      23年前の震災を思い出して嫌〜な気持ちです。

      とりあえず店主が店のほうを見に行きます。

      今日商売するのかどうかまだ未定です。お問い合わせはメールか電話でどうぞ。

      変な人判定基準

      2018.06.17 Sunday

      0

        モトコーに30年近くもいるといわゆる「変な人」なんて見慣れてしまって、もうちょっとやそっとじゃ驚かない。だからたまに普通の人(なにをもって「普通」とするかはこの際置いといて)の変な人話に違和感を抱いてしまう。

        「いや、そんなの大して変じゃないって」って思ってしまうのだ。

         

        このように「変な人判定基準」においてはハイレベルな私なんであるが、少し前モトコーを歩いてたおっさんは久々にパンチの効いた変人というか変態だった。

        ビジュアル的には限りなくホームレスに近い感じのおっさんなんだがセーラー服を着てるんであった。ちゃんとスカートも穿いてるんであった。

        そのセーラー服ってのがまたビミョーで、制服のセーラー服でもなし、ミリタリーのセーラーでもなし、何だかよくわからないがとにかくセーラー服で、手提げかばんを肩から背中に掛けて(わかります?背中に掛けてる感じ)、何かちょっとバンカラ風に闊歩してるというか、飄々と歩いてる姿はもう間違いなく私の判定基準を楽々クリア。

         

        そのおっさん、ちょっと前もまた歩いてたんだがそのときはセーラー服は着てなかったけど、やっぱりスカートは穿いてた。

        オッケー、変だよ。