涙の訴え

2019.03.18 Monday

0

    今日は発送荷物があったのですが、時間があったので佐川急便の営業所に直接持って行った。そのほうが早いしね。

    着いたとき、営業所にいたお兄さんは電話中でありましたが、電話しながらも手際よく発送手続きをしてくれたのでありました。

    でも、私にはもう一つ尋ねたいことがあったので、お兄さんの電話が終わるのを待つことにした。

    というのも送り伝票がもう残りわずかで、追加注文を少し前にしたのだったがまだ届かないので、いつ来るのかということを確認したかったのだ。

    電話が終わるのを待っている間に、なんだか目にゴミが入ったみたいで、ごろごろしてきた。

    私はコンタクトレンズ使用者なのですが、ハードレンズを愛用しているため、小さなホコリでも、目の中に何か入ったらもう、めちゃくちゃ痛い。

    目をパチパチして、ゴミを取り去ろうとしたのだったがまったく事態は改善せず、お兄さんの電話が終わるころには涙がぼろぼろ出ているという始末。一度レンズを外そうとしてもそういう時に限って、全然外れない。

    事情を説明しながらも涙は一向に止まらず、向こうからしたら、伝票がなかなか届かないくらいで泣いて訴えてる変なヒトって間違いなく思ったことだろう。

    あ〜、恥ずかし。

    もう、違うのに。

    コメント
    コメントする