ヘルメットリペア・EVEROAK

2019.02.28 Thursday

0

    毎度お馴染み、ヘルメットリペア・吊り天井でございます。

    以前にも紹介したEVEROAKですが、同じEVEROAKでもやはり年代によって微妙な違い、というか誤差(?)があるもので、

    せっかくですからオーナー様のご承諾をいただいたこともあり、ご紹介いたします。

     

    耳垂れに取り付けられていたTAバッヂは移設。

    バッヂの裏側にはシリアルナンバーがつけられておりました。今後目にすることは当分ないであろうと思われるため、せっかくの機会なので画像に収めておきました。

      

     

    ラベルは洗ったら新品のようにきれいになりました(洗う前の画像は撮ってなかった・・・)。

      

     

    チンストカバーも製作。

     

    内装生地の裏側にはウレタンを装着しておりますが、もう一つのほうは要らないということでしたのでつけておりません。

     

    こんな感じで仕上がりました。

      

     

    オーナー様にも喜んでいただけたようで、こちらも嬉しく思います。

     

    リペア価格ですが、このような仕上げでだいたい¥12000〜くらいです。

     

    リペアにつきましては、当時のものと全く同じ素材が手に入れば言うことないのですが、さすがにそれは難しく、出来るだけオリジナルに近い素材で最良と思われるものを使用するようにしております。

    ヴィンテージの雰囲気はなるべく崩したくないので、縫い方などにも気を遣いつつ作業しております。

    依頼者の皆様に申し上げておりますが、一度分解して再度組み直すため、リペアによってヘルメットの安全性・強度が増すものではない、ということはご理解いただきたく思います(かといってヴィンテージでオリジナルのままなら安全かというとそれも疑問ですが・・・)。

    細心の注意をもって作業をしておりますが、リベットを外すときなどに、ごく稀に小さなキズがついてしまう場合も考えられます。今のところトラブルになったことはございませんが、以上をご理解いただいたうえでリペアをお受けいたします。

    サイズアップも若干でしたら可能です。

    すべて手作業で行っているため、様々なリクエストに幅広く対応できると思いますので、まずはご相談ください。

     

    コメント
    コメントする