66モデルのデニムリペア #1

2018.06.03 Sunday

0

    デニムのリペアについては、すでにここでも紹介していると思います。

    これも以前から言ってますが、デニムにしろ、ヘルメットにしろ、リペアについてはいつものことなんでついつい写真を撮ったりするの、忘れてしまうんですよね〜。

     

    今回持ち込まれたリーバイス・66モデルはかなりの荒れ模様。

    それでも、ちゃんと直したいとのことでしたので、しっかりやらせていただきます!

    デニムのリペアはほんといろんなやり方があるんです、というのは、うちがお客様のご要望を聞いたうえで、いろいろアレンジするからなんですけど。
    たとえば、とりあえず穴がふさがったらいいから安く仕上げたいとか、ある程度お金をかけてきっちり直したいとか、ダメージドジーンズみたいにわざとらしく仕上げたいとか、○○円くらいで出来るだけのことをしてほしいとか・・・様々です。
    今回は、わりときっちり直してほしいとのことでありました。
    最初の状態の写真を撮って置くのを忘れたのが残念。
    やっ、だから忘れるのよね〜。
    これはお尻ですが、もともとはこんな感じの破れがフロントに両足とも。
     
          いろいろ下ごしらえをしてる最中です。
           
    白の横糸は見えないように仕上げて欲しいとのことでしたので、けっこう豪快に破れていることもあり、いっそ残っていた横糸はすべて切り取ってしまい、糸で埋めていくのではなく裏から似たような色のデニム(ライトオンスのものを使用)を当ててリペアすることにしました。
    右足なんかはほとんどダブルニーばりのサイズでデニム当ててます。色を合わせるためにも、ヴィンテージデニムを使用してるんですよ。
    さてこれをどこまでの仕上がりにもっていけますか。
    下ごしらえは昨日終わったので、今日から開始します。
    コメント
    コメントする