アンティークウォッチ復活

2019.09.11 Wednesday

0

    以前アメリカで買った時計。

    壊れて動いてなかったのですが、かっこいいので日本に持って帰って修理したらいいやと仕入れたものです。

    ところが知り合いの時計屋に持って行ったところ修理は不可とのこと。

    やむなくお蔵入りとなっていたのですが、この度店主がベトナムの時計屋でムーブメントごと入れ替えてもらい復活しました。

      

    日本ではやはりオリジナル重視される方が多いので、修理も敬遠されてしまうのかも。

    そこへいくとさすがの東南アジアはべトナムだ。頼もしいことよ。

     

    オリジナル重視の方には不向きですが、一応どちらもスイス製ムーブメント・17石とまぁまぁの機械が入ってます。

     

       

    右側の時計の裏ブタには、O(D?)RAN AFRICA 1943とあるので、もしかしてアフリカ戦線関連だったりして。

    でも軍用時計ではないし。

    オリジナルより雰囲気重視のかたにおすすめです。

    価格は2万円〜3万円くらいになりそうです。

    ヴィンテージパーツのウェブ販売始めました、カード決済も。

    2019.08.19 Monday

    0

      店頭には置いてましたが、ウェブには出していなかったカスタム用ヴィンテージパーツをこれからはぼちぼちとアップしていこうと思っております。

      もう一つ、これまで銀行振り込みしか対応していなかったウェブショップですが(今時アナログすぎてスミマセンでした)、ようやくカード決済を導入することになりました。

      まだ手続き中ですが、近日中にはカード、コンビニ決済も利用できるようになりますので、今更ながら今後もよろしくお願いいたします。

      ヴィンテージ・EVEROAK・リペア済み

      2019.08.14 Wednesday

      0

        かなり古いeveroakです。

        内装・外装共にけっこうなヤレ具合でありました。

        実は以前ヘルメットリペアのご依頼を受けたお客様より格安にて譲っていただいたものです(ありがとうございました!)。

        今後のスキルアップのためにも、ちょっと実験的なことも試してみたかったのです(依頼品で実験するわけにはいきませんものね)。

         

        シェルはファイバーグラスではない、おそらく1950年代(?)のもの。 せっかくのヴィンテージなので外装は一部補修のみでそのままそのままいくことにしました。

        内装は経年により当然ボロボロであったため、やり直すことにし、取り外しました。

         

        後はいつもやっていることで、ここでも紹介しておりますので省きますが、(ご興味のある方はブログの「リペア」カテゴリーをぜひご覧ください。いろいろ紹介しております。)

         

        こんな感じで完成です。

          

         

          

         

        耳垂れの革も作り直さずにそのまま使用しましたが、

         

          

         

        内側の生地は新しく作り直しました。

        耳垂れの裏部分だけは、たまたまあったヴィンテージのサテンを使用。

         

         

        コルクは取り外し、洗ったうえで再装着しました。

        ラベルも移植。

         

          

         

        販売価格は2万円くらいになりそうです。 

        ヴィンテージ・ボウリングシャツ

        2019.07.10 Wednesday

        0

          これらのボウリングシャツはずいぶん前に入手して、私物というわけではないのですが、汚れるのがやだったので(特に白がベースのは)これまで店には出したことがありませんでした。

           

           

           

           

           

          期間限定で店に出してます。

           

          ザ・古着屋アイテム

          2019.07.03 Wednesday

          0

            在庫置き場でごそごそしてたら、こんなの出てきました。

             多分、1970sのデッドストックです。

            ¥9800

             

               

            ずいぶん前に仕入れたものですっかり忘れてましたが、おぉ、いかにも70s!

            これこそ、昔ながらのザ・古着屋アイテムですよ。

             

            見よ!この股上の浅さ。

            ジッパーはTALONです。

            もちろんUSAの刻印あり。

             

            裏にこのような刻印がないものはもうTALONジッパーなんていえません、とは以前「TALONジッパーの現在」というタイトルで書きましたね。